足がむくんでいませんか?子宮が冷え冷えに!


むくみは子宮、卵巣を冷やして不妊の原因になります。



赤ちゃんができにくい時の原因でお腹の冷えがあります。

そしてお腹を冷やすと良くないので腹巻がいいとか温かいものを食べるといいとか聞いた事があると思います。

そして実行して下さっている方も多いのではないでしょうか?

ところがここで見落としているものすご~く重要な事があります。

それは足のむくみです!!!

足がむくんいる方はお腹を腹巻でむくめるだけではなかなか
冷え解消にはならないのです。

もちろん腹巻などをやってくれることはいいことなのですが
むくみを取ると本当に変わる事があります。

ではなぜ足がむくんでいるとお腹が冷えるのか?
そして不妊の原因になりやすいのかについてご説明させて頂きます。




(足のむくみは不妊の原因)
足がむくんでいるとそこにリンパや血液がたまっています。

よくたまってパンパンになるのは「ふくらはぎ」です!

ここにリンパや血液がたまって動かない状態ですね。

そうするとふくらはぎは体の熱を放散するところです。
車のラジエターみたいなものです。

という事はここにたまったリンパなどはすごく冷えます。
どのくらい冷えるかと言いますと
上半身の温かい部分よりも10度以上下がる事も珍しく
ないのです!

10度もです!

そしてこの冷え冷えのリンパ、血液は心臓に戻っていき吸収されます。

その時に子宮や卵巣のすぐ近くを通って心臓に帰っていくのですね。

つまり10度も冷えたものが子宮・卵巣を冷やしながら戻っていく。

当然子宮・卵巣は冷えるのです。
冷えると働きが低下していい卵胞が作れなくなります。

さらに本来むくみがなくサラサラ血液が流れていれば脳からの
ホルモンなども十分やって来ます。

ところがホルモンなども減ってしまう。
さらに、さらに温度が低い所ではホルモンなどの働き自体も
にぶくなってしまうのですね。

ですからこのふくらはぎのむくみを取る事は不妊解消には
ものすご~く重要なのです!!

次にむくみ解消法についてご説明させて頂きますね。


(自分でできるむくみ解消法)

1、ツボ押し
下の写真のようにふくらはぎの内側を押します。
画像の説明


画像の説明


膝からくるぶしまで痛い所を重点的に押します。
押すときは集中して行います。
ゆっくりとジワーっと押して。ゆっくり離します。


2、立った状態で踵の上げ下げ
安定した床の上で立ちます。
踵を上げたり下げたりを10回します。
これを3セット。


画像の説明


画像の説明


上の写真は不安定な所でやっていますが
実際は安定した床で行って下さいね。


3、腹式呼吸
大きくお腹を膨らましたりへこませたりして
呼吸をゆっくり行います。

そうすると静脈の流れが良くなりますので
足のむくみが減りやすくなります。

特に事務仕事の方パソコンをやっている方は
これはぜひやって下さいね。




これらで足のむくみを減らせていけば
子宮・卵巣の冷えが減る可能性が高まります。

そうすればいい卵子につながりますので
妊娠がみえてきます。

ぜひ一緒に頑張っていきましょう!





予約受付中



赤ちゃんをご希望の方はまずは不妊整体無料体験からお申し込み下さい。 

画像の説明

現在海南本店が一杯になっています。しばらくの間海南本店はご新規さまのご予約を控えさせて頂いています。北島店は引き続きご予約ができます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

画像の説明


不妊以外の骨盤矯正や腰痛、膝痛などの方は直接電話でお申し込み下さいね。

電話予約は今すぐこちらから(海南本店、北島店共通)
【電話番号】080-3794-1989(予約制)
⇒初めての方でも簡単電話予約の方法はこちらをクリック